パッシブハウスを三井開発で建てる

エコを目指して断熱材の検討など新築住宅のための情報まとめ

リビングの家具はFrancfrancで、照明はルイスポールセン!

「流行り廃りのあるデザイン家具って、死ぬまで使うの?」

 

と考えると、そうでもないですよね。

もって10年

逆に20年で一周するとも言われてますね。

 

「どんな家具でも置ける、応用力の高い空間を設計すべき!」

 

前置きが長くなりましたが、今回は家を建てるときのデザインのお話です。

 

 

家の近くに、すごい素敵な外観の家が何件も建ってるんです。

でも、30年後に同じ感想を抱くのでしょうか。

 

2018年の流行感覚では素敵に感じるかもしれません。

でも数年後、数十年後に

「あーこれは2010年代に流行ったデザインだよねぇ。古い家なんだなー」と

思うのではないか。

 

と考えると、数百年クラスで受け継がれてきたデザインの家にしたいと思いました。

だって、それだけ長い期間、人々に愛される程に流行に左右されないものなのだから。

なので近代的なデザインは避けたいなーと思います。

 

デザインうんぬんではないですが、「瓦屋根の家」を見ると、「震災前に建てたんだろうなー」と思ってしまいます。

東日本大震災で、屋根の瓦が落下し、下にいる人をケガさせたそうです。

 

我が家も耐久性を考え、瓦も検討しましたが、仙台で建築業をしている親族の話を聞いて止めました!

自分の家のせいで死人が出るなんて、いやすぎますよ!

気密性を上げる、木造大型パネル工法

前記事で、サラっと書いた大型パネル工法について語ります。

大型パネル工法が何か知りたいなら、ぶっちゃけ

下のリンクを押して、動画を見るのが一番早いです(笑

 

www.ogatapanel.jp

 

 

 

 

ちなみに大型パネル工法では、

ハンマーでパネルを叩いて、はめ込んでいくんです。

 

それだけ寸法がピッタリに作られていて、隙間が無いのです。

 

「こんな大きいハンマーあるのかよ!」

というのが、上棟の時、一番驚いたことです。

 

 ハンマーは身体の半分くらいのサイズがありました(汗

大工さんはそれを片手で軽々担いで、10.5センチの柱の上をスタスタと歩くんです。

 

 

 

だっておかしいでしょ!

踏み外してハンマー落としたら、下にいる仲間がケガしますよ!

ヘルメットしててもヘタしたら死にますよ?

なんで誰も気にしないで普通の顔して仕事してるの!?!

 

互いの信頼感もですが、大工さんの身体能力はハンパないですね。

えっ!? 注文住宅なのに自分の家のC値を知らないんですか?

私の家のC値は0.63です!(キリッ 

 

この数字を見て、

一条工務店レベルに、エアコンが効きすぎてヤバイ家だな!」

と、気密性がイメージできない方は最後までお読みください。

 

 

今日は、C値の話をします。

 

【C値とは】

家の、隙間の量を意味してます。

 

【C値が低いメリット】

家の隙間が少ない

夏にエアコンの冷気が外に逃げにくい。

 

冷房効果が高くなります!

もちろん冬は暖房の暖気が外に逃げにくくなり、暖房効果アップ!

 

【C値って、普通どれくらい?】

気密性を意識してない一般住宅は10.0と言われています。

45坪の家ならハガキ10枚分の隙間とされます。

 

「ハガキ10枚分の窓が、常に開けっ放し」とイメージできますか?

夏場にエアコン付けてるのに、窓が開いてたら普通は閉めますよね?

一般の家では、それができない状態です。

家を建て替えるまで窓開けっ放しが、ずっと続くんです・・・・。

 

光熱費を下げたいのであれば、気密性の高い家を建てましょう。(切実)

 

【具体的にどうすればC値が下がるの?】

・気密テープで隙間を埋めましょう!

 

雑にテープしてはいけません、隙間やシワ無く綺麗に。

材料費もですが、手間代がアップ!

f:id:passive_house:20180820012448j:plain

・パテで隙間を埋めましょう!

 

人間が切る木なんですから、ズレがあるのは当然です。隙間を埋めよう!

床下から配線持ってくる時の小さな穴ももちろん!

材料費もですが、手間代が(略

f:id:passive_house:20180820012504j:plain

施主様が手を出すと、保証関係がこじれるので、もちろん出すのは意見だけで!

 

・機械で家を作ろう!??

 

我が家では、「大型パネル工法」を用いることができました。

普通、家って大工さんが現場で木を切って建てますよね?

それを冷房の効いた工場施設内で、テーブルの上で行うんです。

すると、精度の高いカットや組み立てができます。

 

家丸ごとは持ってこれないので、1枚のパーツ単位で作って持って来て、クレーンで釣ってはめ込むのです。

f:id:passive_house:20180820013753j:plain

 

大型パネル工法については、別の記事で詳細を語ります!

 

最終的に「どこまで妥協しないか」が気密性を向上させると思います。

 

<注意!!>

この記事を理解していただいた方なら、気密性向上のために動き出さなきゃ!!と燃えていると思います。

 

でも、「あれをしたい!これをしたい」と施主がいくら言っても、ハウスメーカーは社内規則やら一条ルールやらで決められたルール内でしか動けないと思います。大手であればあるほど、その傾向は強いと思います。

 

その点、三井開発(さいたま市)では、「前例が無いから無理」「社内規則に抵触します」などと言わずに私のアイディアに耳を傾け「検討会議をし」「コストに見合う成果が得られるか」まで考え、私の望みを叶えてくれました。

 

何度も比較してしまいますが、一条工務店などの大手ハウスメーカーと同等かそれ以上の品質で、家は建てられるということです。

そう、三井開発ならね。

 

 

【光熱費対決】ヘーベルハウスの集合住宅 vs 三井開発の戸建て

集合住宅から、戸建てに引っ越し半年が経過。

まとまったデータ(2月から7月利用分)が集まったので、開示します。

数字の信ぴょう性を上げるために、今回はマジメに書きます!

 

====結論====

 

【結論1】「生活空間体積に対する光熱費」

は、三井開発の戸建ての方が34%安い!

 

生活空間体積とは、「LDK」と「寝室」の体積の合計を意味しています。

夫婦二人暮らしで、それ以外の部屋に滞在する時間はほぼ無いため除外。

ちなみに、生活空間体積は戸建ての方が45%大きいです。

 

【結論2】「光熱費の請求額」

は、三井開発の戸建ての方が7%高い!

 

根拠となるデータが欲しい方は、ブログのコメントに残してもらえれば公開します。

 

 

====以下、私の推測====

本当は請求額も、戸建ての方が安いか同程度であると、以下2つの理由から推測。

 

【理由1】

なぜなら戸建ての方が電気を多く使う物があるのです。

週1~2程度の映画を見るとき、以下の物が戸建てにしかないものです!

・大容量のAVアンプ

・4つ多いスピーカー

妻に怒られながらも強行購入したプロジェクター

 

映画観てると暖房が要らないくらい、部屋が暖かくなります。(汗

 

【理由2】

6カ月間のうち4カ月間は、妊婦の妻がフルタイムの仕事を辞め家に常駐している。

これにより家にいる時間は、6カ月間で世帯あたり約10%程度増加している。

 

====以下、ただの感想====

「戸建てになるんだから、光熱費あがるよ!」と多方向から脅されてました。

集合住宅から戸建てになれば

生活空間体積も増えるし、外皮面積は数倍になる。光熱費が上がるのは当然!

 

でも、ヘーベルハウスの新築集合住宅とほぼ変わらないというのは、

いかに三井開発の戸建てが光熱費面でも優秀であるか!が伺えます。

正直、光熱費は1.5倍くらいを覚悟してましたので・・・本当良かった。

 

 

ちなみにご厚意でC値も計測していただきました。

最初に考えていた一条工務店さんと同等のC値が出てました!

 

UA値も近似し、一条さんの家でも似たような光熱費の結果になると思います。

この記事を書いている途中で、一条さんをやめて三井開発にして本当に良かった。

と再認識できました。

 

あ、お金と土地を持っているなら一条さんも十分に魅力だと思いますよ!

それはブログを書き始めた当初から揺るぎません。

 

ちなみに光熱費に水道代は入れてません!

お風呂の大きさも同じだからか、ほぼ引っ越し前と変わらなかったので!!

 

パッシブハウス(エコハウス)は本当にエコだった 光熱費比較

パッシブハウスに住んで、1カ月が経ちました。

光熱費がいくら安くなったのか!

 

<電気代>

16,431円(1月利用分_585kWh_従量電灯B_40A)

12,737円(2月利用分_458kWh_従量電灯B_40A)

 

<ガス代>

3,452円(1月利用分)

3,810円(2月利用分)

 

思っていた以上に安くなりました!

環境の違いを解説していきます。

------------------------------------------------------------

1月は、集合住宅(1LDK)に住んでいました。

旭化成ヘーベルルームで2016年に建てられたものです。

暖房器具はエアコン、キッチンはガスコンロ

洗濯物は浴室乾燥機(電気)を使ってました。

 

2月は、パッシブハウス(戸建て)に引っ越しました。

暖房器具はエアコン、キッチンはIH

洗濯物はリンナイのガス乾燥機(5kg)で乾かし、乾燥機回せないものは部屋干し。

(2日~3日に1回利用)

------------------------------------------------------------

毎月4,000円も安くなれば、断熱材の費用は回収できると、確信できます!

しかも比較は集合住宅から戸建てへ引っ越して、もちろん生活空間も広くなって、それでも光熱費が安くなるのですから驚きです!

 

コスト回収の詳細は今後のブログか、三井開発 パッシブチームまで!

上棟 たくさんの企業の方にお会いしました

f:id:passive_house:20171108143835j:plain

 

本日の上棟にあたり、50人近くの方々にご協力いただきました。

 

・大工さん達 18人

・三井開発 施工部、営業部、その他の方 20人くらい

旭化成建材様 6人

三菱地所様 2人

・私の母、妹とその子供 4人

 

旭化成建材さんの話

旭化成建材さんの一人(断熱材担当)は、何度かお会いし相談してもらった方で、まさか来てもらえるとは思わず、うれしかったです!

この3つは旭化成建材さんのを取り入れさせていただいてます。

・断熱材(ネオマフォーム)

・外壁(パワーボード)

・床材(ネオマフォーム ジュピー)

 

ちなみにトップの写真は我が家を視察する、旭化成建材さんです。かっこいい写真だったので使わせてもらいました。

 

 

初めてお会いした旭化成建材さんの営業(床材担当)さんと話をする機会がありました。

 

「とても詳しい施主様と聞きました、どんな勉強をしたの?」

「なぜそこまで勉強した結果、断熱材として旭化成建材を選んでくれたの?」

「他に候補はあったのか」などなど

 

床材担当さんは、朝の打ち合わせ(7時)から来たかったそうですが、自身の展示会の打ち合わせでどうしても抜けられなかったという話を聞き、たくさんの方の熱心な仕事によってこの家ができるのだなと、うれしくなりました。

(上棟日が台風でずれてしまったのもあるかもしれません)

 

どうやら旭化成建材さんからすると、我が家の仕様は相当珍しいようで、同じ事務所の方々が勉強に来てくれたようです。東北、北海道地方なら外張りでネオマを採用し断熱効果をあげることがあるが、東京エリアでは珍しいとのこと。

「G2相当ですよね?」

と、初めて会った人からなんの前置きも無しに、住宅業界用語が飛んできたのは良い意味で驚きました。普通の営業さんとはできない会話は楽しかったです。ええ、真冬でも長袖の部屋着が要らない家になりますよ。

三井開発を経由して「今回の施主やべぇ キッチンの話とかじゃなくて、UA値の話から始まって床下断熱とか工法の話題なんだけどww」と情報を共有していたようでした。

 

三菱地所さんの話

木質パネル工法を扱っている、商社だと思ってました。だからスーツだし革靴だよね。

「え?」

「あそこの赤いベルトの作業着のおっさんが商社マン?」

 

驚愕。

 

私のもっていた商社マンのイメージは、幻想でした!

普通に施工してるから、大工さんだと思ってた。

 

現場がわからないと商品も扱えないから? 理由は不明ですが、すごかったです。

 

■大工さんの話

知らなかったんです。足場に階段が無いって。

鉄棒程度のパイプを手と足の力だけで、すいすい登って2階や屋根にあがっていくんです。

命綱無しに、幅105mmの柱の上を、重たいパネル担いで歩くんです。腰には重そうな工具と、でっかい木槌も付いてます。

 

上棟の時は階段なんて邪魔だから、必要最低限の足場らしいです。

びっくりですよ。身体能力高すぎ。

 

でもこの業界、現場の人はみんなそうなんですって。

 

私は途中で仕事に戻ったので見れなかったのですが、2階の窓ガラスを後でハメるところがあり、手動で持ち上げていたそうです。

APW430のトリプルですよ。私は絶対に持ち上げられないです!

「あっ あっ、待った無理無理いっかい置く」

 

「おい もっとあげろやー!」

「あげてますっ!!(若い声)」

「あがってねーんだよ、あぶねーだろーがー!」

とのやり取りもあったようで、熱心に仕事をしていただいてるようでうれしいです。

 

■三井開発さんの話

本当に申し訳ない。うちの母が施工部長に半日絡んでた!

母も実家を建てたときに、勉強してたのと、うちを建てるのに勉強しなおしたようで話が盛り上がっていたようです。

でも、下ネタ大好きなのでほとんど関係ない話だったかもしれないけど!!

 

それでも職業は看護師なので、なにかあってもすぐ一次手当はしてもらえるから安心ではありました。

 

ちょうどお隣が完成し、その社内検査もしていたようで、営業担当さんは2階の特等席から見てて羨ましかった!

営業部長さん(社長さんの息子)と監督は一日中見てくれていたようで、なんだかうれしかったです。たくさんの人に支えられている感!

上棟 驚き「木質パネル接着工法」編

「8時から開始します」

そう聞いていました。私はちょっと寝坊した。

8時半には着くし、床やってるところかなー?

 

 

↓驚愕↓

 

30分ですでに1階が終わろうとしてました(笑)

f:id:passive_house:20171108142009j:plain

 

 

その理由は「木質パネル接着工法」にあります。

工場で壁面を作ってきて、それをクレーンで釣り上げてハメていく工法。

この記事ではこの工法のメリット、デメリットを1つずつ紹介していきます。

f:id:passive_house:20171108142256j:plain

 

---------------------------------------------------------------------------------------

1.工期短縮

 

従来式より1カ月程はやく建ちます。

大工不足と言われるこのご時世、その人件費が大幅に節約できます。

(メーカーにより建て方が違うので短縮具合は違います)

我が家では、朝8時から日暮れまで行い、屋根まで終わってました。

長期的な晴れが見込めなくても、1~2日間晴れてれば上棟し一次防水もできるのです。

---------------------------------------------------------------------------------------

2.施工精度が大幅にあがる

 

・隙間が無くなり、C値向上。冷暖房効果アップし、光熱費節約!!

・断熱材の隙間も少なくなり、断熱効果もアップ!

 

イメージできますか?

「木を現場で大工さんがサイズを測って、手動で切って、トントンしていく」のと「工場で床置きにし、机の上でミリ単位でカットし接着し、現場ではハメるだけ」の精度の違いを。

 

釘打ち終わったあと、そのスペースにネオマフォームを現場で挟み込むのですが、隙間を減らすため、ほんとパツパツにカットしていただいたおかげで、めっちゃ大変そうでした(汗)

木槌で軽く叩きながら断熱材を入れる程に。

写真は窓枠の処理が終わったうえに、外張り断熱のネオマフォームを入れている様子と、キチキチに収納されたネオマです。

f:id:passive_house:20171108142719j:plain

f:id:passive_house:20171108143135j:plain

---------------------------------------------------------------------------------------

3.高くつく

 

その可能性があります。安い見習い大工で建てコスト削減しているメーカーからするとこの工法を採用することで大幅に高くつきます。

普通(一般的なレベル)の大工さんを使っているところでも、高くつくかもしれません。まだ新しく普及していない工法なのもあり、コストが高いのです!

でも? それにより気密性があがって、冷暖房費が節約できるなら、あとあとを考えれば安いのではないでしょうか?

 

結局死ぬまでに払う費用は抑えられるのか。これは完成しC値を測りシミュレーションするまで、わかりませんね!

 

---------------------------------------------------------------------------------------

他にも私の知らないいくつものメリットやデメリットがあると思うので、家を建てようと思っている方はハウスメーカーに相談してね!

ちなみに今回我が家はミサワホームさんの工場をお借りしました。