パッシブハウスを三井開発で建てる

家の方向性、断熱材の検討など2017年新築住宅のための情報まとめ

悪い大工は居ない、悪い会社と忙しすぎる監督が居るだけだ。

「OOOは大工の質が低いよ」なんて友人が言ってました。

 

大工の品質って数値化できるの?

 

ポケモンみたいにレベルとか攻撃力とかで表現できるの?!

ドラゴンボール並みのスカウターが私には付いてないので、

「ボルトが閉まってるかな?規定通りビスは3山以上頭出てるかな?」

「透湿シートはきれいに貼ってあるかな?」

「グラスウールがくちゃくちゃになってないかな?」

ってチェックするのが私みたいなパンピーには関の山。

 

最終的な情報では、ポラスさんの建物には致命的な欠陥はありませんでした。

 

Boku< himechanやっほ^^ ヒューマンエラーだよ^^

 

施工者(大工さん)の意図せぬミス。

そしてそれが気づかれず、壁紙が張られフタされると、誰も気づけない。

現場監督がいるだろって?

いるけど現場を何個も持ってるから現場には完成までに1回行ける程度だよ^^

 

どうやらそういう事らしいです。

結局、経験豊富な管理者(チェック者)の人件費を削減するがゆえにチェック漏れが起こるようです。

 

変な誤解を与えてしまうので繰り返しますが

悪い物を作ろうとしてる人は、ポラスさんに居ないという事でした。

 

 

友人< OOO設計と、OOホームだけはやめろ。法律で定められた10年の瑕疵保証切れたらソニータイマー並みに発動するよ。

 

この認識は建築業界での共通見解のようでした。

特にローコスト住宅と言われるものは、きちんとリスクを知ったうえで購入する必要がありそうです。

 

次は世界最強の建築会社「一条工務店」の話を書きます。